So-net無料ブログ作成
検索選択

23年ぶりの生まれ故郷~釧路~ [その他]

ぬさ舞橋.jpg
最近めっきり自転車とはかけ離れている生活の私・・・・
先日の休み、墓参りを兼ねて日帰り釧路へ行ってきました。もちろん車でね(^_-)-☆

仕事の都合上日曜しか休みが取れなかったので前日の土曜の勤務終了後に栗山を出発。
道東道がなかったときは6時間近くかかったけど今は池田まで乗ってそこから国道走っても4時間半で着いちゃいますね。

6時半釧路市内に到着。朝食のお目当ての鮭番屋は7時半なのでそれまで付近を散策。

先ずは寿町にある私の出身校寿小学校へ。
校門.jpg
現在は統廃合により「中央小学校」と名称が変わっていたけど校門のブロック塀はそのままでしたね。

校舎も取り壊されて新しくなっていたけど当時の名残がわずかですが残っていました。
仲良し像.jpg
痛ましい交通事故が二度と起こらないようにと建てられた仲良し像。

そのそばにはなぜか百葉箱がまだ残っていました
百葉箱.jpg
この付近には温室や花壇がたくさんあった記憶があります。

旧校舎があった時の裏側の部分
マラソンコース.jpg
交通公園と呼ばれていた場所

校舎を一周するマラソンコースの一部分にもなっていて放課後マラソンじゃなくて自転車でここのコースを走ってましたね。

公園はなかったけど地中に埋められていたタイヤがまだ残っていました
タイヤ.jpg
小学生の時このタイヤの上をぴょんぴょんと走ったね・・・

もちろんお約束で当時を思い出しながら早朝からぴょんぴょん走った怪しい親父でしたよ(笑)

交通公園の中心部分のロータリーっぽい所
花壇.jpg
ここも確か花壇になってましたね

時間がまだあるので7歳ころまで住んでいた仲浜町方面へ行ってみた
私の家は当時水産加工の仕事をしていたので港に近いこの地域でイクラなどの加工をしていました。

当時は釧路副港と呼ばれていて「北洋漁業」が盛んな時代でした
港.jpg
まだ名残はありますが当時は多くの漁船で賑わっていた記憶があります

幼いころはこの港が遊び場で、自宅から行方不明になってこの建物の中で迷子になって保護されて市場.jpg
たまたま知ってる人がいて自宅に連れて帰ってくれたそうです(母親談)

通称「赤灯台」と呼ばれていた場所
赤灯台.jpg
堤防でクラゲ捕ったり魚釣りしたりしましてね

今は廃業しているけど良く通った銭湯「宝湯」
宝湯.jpg
遠洋漁業の船団が港に入ると洗い場所もなくなるくらい混んでいました

ようやく時間になったのでお目当ての阿部商店へ
阿部商店.jpg
この建物は違うけど阿部商店は親たちが長い付き合いをしていた会社

イクラや鮭の加工、干物など作って販売していまだ健在のようで会社も大きくなっていましたね
朝ごはん.jpg
販売所の横には特設テントがあって中にテーブルがあり販売所で買った魚介類を焼いて食べることが出来る

他にも海鮮丼やイクラ丼などもあり特にイクラは醤油漬けで懐かしい味がしました

その後も画像はありませんが懐かしい公園や幼馴染の家があった場所などを巡り墓参りまでの時間をつぶす。
表札など見るとまだ同じ場所に住んでいる家も多数ありました(訪問はしなかったけどね)

亡き父親の墓がある定光寺へ向かう
23年ぶりに来たけど何となくの記憶でお寺に到着。

お寺は古いままだけど納骨堂は新しくなって迷う(笑)

お参りを済ませ帰り道にあるラーメン店「まるひら」で軽く食事
まるひら.jpg
ここには思い出はありません(笑)

まあ仕事柄話題のある飲食店は巡る主義なんで
醤油.jpg
煮干しの出汁が効いたあっさりの醤油

どっちかと言うとこっちの塩の方が旨いかも
塩.jpg
麺は細麺の少なめなので朝食を食べた後でも軽くたいらげました

その後は母方の実家のあった新釧路へ行ってみた
工場.jpg
7歳の時に父親が亡くなり母親の実家にもどって暮らしていた

建物は残っていたけど廃屋のようになっていて周りも草がぼうぼう。
ここは祖父の家具工場だったけどこの裏に住んでいた家があった。でも草が茂っていて裏側に回ることはできませんでした。

せっかく来たので少し観光も
鶴.jpg
定番の鶴公園へ

午前にラーメン食べたけどこのドライブのもう一つの目的「泉屋」へ
スパカツ.jpg
私のソウルフード泉屋のスパカツ

子供のころ月に一回くらいは親が連れて行ってくれた。
ゆであげのパスタが主流な今とは違いフライパンで炒めた「スパゲッテイ」

しかも鉄板の上でジュウジュウいっていてそこの麺は焼きそばのようにパリパリになってる。
でもやっぱり「懐かしい」味・・・そして匂い

ミートソースが苦手な姉はいつもこれでした
泉屋風.jpg
塩コショウで味付けしたシンプルなスパゲッテイ。ふちが赤いハムが喫茶店ぽい。

泉屋を後に一路摩周湖へ
摩周湖.jpg
なんせ一睡もしていないので午後には睡魔が襲ってきて摩周湖についたのは日没間際。

霧はかかっていなかったけど薄暗く寒かった~

摩周湖を見た後は暗くなったので帰路に就く。
本当は屈斜路湖、阿寒湖も見る予定が暗くなったのでスルー。

本別から高速に乗り途中仮眠を取りながら帰宅したのは11時過ぎ。
寝不足でハードだったけど楽しく懐かしい旅でした。

休みがたくさんあれば自転車積んでもう一度行きたいですね(^^)












nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。